求人検索

こだわり検索Advanced Search

エリア
  •  
職種
  •  
業種
  •  
経験資格
  •  
こだわり条件
  •  

社長の想い

業績も社員待遇も地域ナンバー1を目指す
トリツ機工株式会社

広い視野をもって地域のものづくり業界を
けん引する、機械・工具の総合商社。

トリツ機工株式会社 代表取締役
鳥津 実

「トリツを通してよかった」と言われる付加価値を

「工場内で必要なものはなんでも扱う」機械・工具の総合商社、トリツ機工株式会社。創業70余年の歴史をもち、工作機械や産業用ロボット、省力機器、消耗部品など、各種製造業の工場で用いられるあらゆる物品の卸販売を手掛けている。

安くて合理的なインターネット販売が台頭する今、製造業界でも商社の置かれる立場は厳しい。しかしながらトリツ機工は、そんな逆風を受け流し、お客さまとの揺るぎない信頼関係を築く。

「ネット販売は便利ですが、買えるのはいわゆる『型番』のある商品だけ。お客さまの潜在的に抱えるニーズや悩みを掘り起こし、きめ細かい提案をおこなって業務の効率化を図るといったようなことは、ネットでは到底不可能ですから」と、社長の鳥津実さんは語る。

その言葉のとおり、近年は特に工場内の設備・システムごと一括受注することが増えてきた。お客さまの業務環境を熟知したトリツの営業スタッフが、工場全体の作業効率や省エネまで考慮したトータルなシステムを提案する。
もちろん、こうした大きな受注の下には、こまめにお客さまの元へ足を運び、顔を合わせて話をする日々の地道な営業活動がある。

長い営業経験を基に、現場目線で社員をリード

2016年9月に社長に就いた鳥津実さん。創業者の祖父、2代目社長の父、3代目社長の叔父から、4代目の椅子を引き継いだ。
約40人の社員を率い、重責を負う立場だが、佇まいは親しみやすく、ざっくばらん。「いいのか悪いのか、今でも社員から普通に仕事の相談をされますからね」と笑う。

電気部品商社に約10年勤めた後、32歳でトリツ機工に入社。当時、社長の息子という立場だったが、扱いは他の新入社員とまったく同等に、まずは津山営業所に配属されてゼロから仕事を学んだ。以来、社長に就くまで14年間、常に営業の第一線に立ち、仲間ともに苦楽を味わってきた。「みんなで力を合わせて目標達成し、みんなで喜び合うという、営業ならではの一体感が好きでしたね。もちろん、現場の苦労やもどかしさもよくわかります」。

そんな経歴だから、経営側となっても自然と現場目線の考え方がいきてくる。「若い社員と話していると、結構『なるほど』と思う意見が出てきて、刺激になるんですよ。今はなかなか昔のように社員と遊びに行ったりはできなくなりましたけど、できる限り現場の社員と接し、声を聞いていきたいですね」と、笑顔で語る。

「瀬戸内ロボットサポートセンタ」オープン

2017年12月、鳥津社長が就任以来、約1年かけて進めてきた一大プロジェクトが、ついにひとつのかたちになった。
その名は「瀬戸内ロボットサポートセンタ」(SRSC)。国内各種メーカーの産業用ロボットの展示場の役割を果たす施設だ。

「人手不足とか働き方改革といわれる今の時代、特に中小の製造業にとって、産業用ロボットが貢献できることは大きいと思うんです。でも、実際導入するとなると不安が大きいですよね。そこでまず、最新鋭のロボットを気軽に見て、体感してもらえる場があればいいなと考えました」というのが、設立の動機である。

とはいえ、目的は必ずしもロボットそのもののセールスではないという。
社長は、さらに構想を語る。「当社のお客さまだけでなく、他分野の製造業の方や、学生、子どもたちが見学に来るような施設をイメージしています。ロボットの可能性を広く次世代に伝える場として、将来的には技術者を育てる機関も設けたい。中四国エリアの要衝である岡山に、こうした拠点がある意味は大きいと思うんです」。

営利を超え、地域業界のリーディングカンパニーとしての使命を担おうとする当社。あえて「トリツ」の名を出さず「瀬戸内」を冠した施設の名前に、大きな想いが込められている。

業績も社員待遇も地域ナンバー1を目指して

オープン以来、SRSCは多方面からの注目を集め、多くの人々が視察に訪れているという。
「これを契機に、会社の業績もますますのばしていきたいですね」と鳥津社長は意気込む。

目指す姿は、「地域業界ナンバー1」。売上実績もさることながら、社員待遇の面でも岡山で一番いい会社でありたいとの想いを強くもち、働く環境改善に関してさまざまな取り組みをおこなっている。
例えば、「業務効率化手当」。1カ月の残業時間が一定以下になると手当を付けるというユニークな制度だが、導入から1年で取得者は徐々に増え、トップクラスの営業スタッフも取っているという。
また、世帯主であれば賃貸でも持ち家でも高水準な手当を支給する制度に加え、健康面からもサポートするため40歳以上で受診を希望する社員を対象に、人間ドック費用の半額を会社が負担。福利厚生の充実にも力を入れる。

社員旅行やビアパーティといった社内行事も盛ん。そうした行事の中には、社員だけでなくその家族にも参加を呼び掛けるものもあり、一緒に楽しんでいるそうだ。
「お父さん、お母さんが日頃どんなところで、どんな人たちと働いているか、家族に知ってほしいなと思うんです」というのがその理由。社員みんなが自信をもって家族に職場を紹介できることが、待遇の満足度を物語っている。

SRSCをはじめ、前例のないことにも果敢にチャレンジし、スピーディに実現していく鳥津社長。
「リスクはあっても、やっぱり一番を走っていかないと」と語る表情に、トップとしての自負がにじんでいた。

取材:Goen 2017/10/30

社長プロフィール

1972年生まれ。創業者の孫、2代目社長の息子。電気部品商社に勤めた後、32歳でトリツ機工に入社する。趣味はゴルフと旅行。知らない場所を訪ね、その土地の文化や風土を感じることが好き。

会社概要

会社名 トリツ機工株式会社
設立年月 1967年4月
代表取締役 鳥津 実
社員数 46名
(2018/5/28 現在)
平均年齢 30歳
(2018/5/28 現在)
事業内容 工作機械・器具及び、消耗品の販売業務
本社所在地 岡山県岡山県岡山市南区福成2-19-2
URL http://tori2.com/

この会社で募集中の求人

この会社で募集中の求人