求人検索

エリア
  •  
職種
  •  
業種
  •  
経験資格
  •  
こだわり条件
  •  

社長の想い

防災インフラの設計に特化する
株式会社ラグロフ設計工房

高度な専門知識と経験、先端技術で
「災害のない明日」を目指すパイオニア。

株式会社ラグロフ設計工房
代表取締役 金重 稔

土砂災害を防ぐインフラ設計

あたりまえにあると思っていた町が一夜にして一面の泥水へと変わり果てた、先の西日本豪雨。「晴れの国」に暮らす私たちが、災害の恐ろしさを身をもって実感することになった出来事だった。
ここ日本では、台風や豪雨、それにともなう河川の氾濫や土砂崩れといった災害が、毎年あちこちで発生している。山や川が多く、台風が多いこの国において、自然災害への対策は必要不可欠となっている。

ラグロフ設計工房は、こうした災害対策のための、砂防ダムや河川の護岸、のり面補強といった土木インフラ工事の設計を専門に手掛ける会社だ。
代表を務める金重稔さんは語る。
「実際、10年ほど前までは10年に1度程度だった台風や洪水による大災害が、近年は毎年のように起こっています。全国の1時間に50mmを超える降水量の発生回数は、例えば2017年では251回。日本の雨の降り方はもう尋常ではない激しさになっており、ますます土砂災害対策の必要性が高まっているんです」。

高い専門性と時代のニーズで業務拡大

大学時代、土木工学科で水理学を専攻していたという金重社長。新卒で土木系コンサルティング会社に就職し、おもに河川設計を担当した。
そして5年後、別の道で独立するつもりで退職を願い出たものの、結局、退職後も引き続き外部ブレーンとして、会社の業務を受けることになった。
その理由は、当時社内に土砂災害対策の設計ができる社員が2人しかおらず、自身の業務を引き継ぐ先がなかったため。設計の中でもこれは非常にニッチな分野であり、大手コンサル会社でも専門技術をもつ人材はなかなか確保できないのだった。

こうしたいきさつを経て2009年、防災土木専門の設計会社として創業したラグロフ設計工房には、当初よりコンサルティング会社や測量会社から次々と仕事の依頼が舞い込んできた。
近年は数々の災害や事故の経験から、構造物の耐震安全性に対する基準が厳格化。それにともなって、補修や長寿命化修繕、保守点検といった業務ニーズもどんどん増えていった。

大きな可能性を秘めた3次元事業

加えて現在は、新部署「空間情報事業部」を立ち上げ、3次元技術という新しい分野に精力的に取り組む。
現状、防災を含む土木設計はほぼすべて2次元(平面)の図面上でおこなわれるが、ドローンや3Dスキャナーなどを駆使してこれを3次元(立体)化し、より多くの情報をわかりやすく伝えられるものにするというのが、この事業だ。
この技術を使えば、実際の地形に建設予定の構造物を合成した画像を作り、それを360度回転させて見せたり、工事の過程を動画で見せたりすることができる。コンサルティング会社や施工業者が使うだけでなく、住民への工事説明の際に活用すれば、図面に慣れない一般の人もスムーズに理解できるものとなる。

また、ラグロフではすべての業務において、「省力化」「効率化」を大きなテーマとする。
測量や点検業務はかなりの人的労力を必要とするが、これを改善するための専用システムを開発・導入。現地でタブレットにデータを入力していくだけで自動でレポートが作成できるようになり、大幅な省力化を実現している。

和気あいあいとしたスマートオフィス

自動化できるところはどんどん自動化を進める一方で、人にしかできない部分にはしっかりと人の手を掛ける。そのため人材の採用も積極的におこなっており、テレワークも歓迎するなど、働きやすい環境を整備している。
実際2年前から、子育てしながら在宅パートタイムで、設計やレポート制作など一般社員と変わらない業務をしている方もいるという。東京や島根の事務所ともWEBカメラでつながり、いつでも距離を感じることなくコミュニケーションができる。
中途・新卒に関わらず、「5年間で一人前にする」ことが人材育成の方針。「5年でひと通りできるようにするので、その先は独立を目指してもいいですよ」と金重社長は話す。

業務エリアは、岡山近県はもちろん、東北から九州まで日本全国に及ぶ。まさに日本の国土を支える仕事であり、やりがいは大きい。最先端技術を駆使した、先進的でスマートな土木設計のスキルを、ここで磨いてみてはいかがだろうか。

取材:Goen 2018/11/9

社長プロフィール

大学では土木工学、水理学を専攻。県内の土木系コンサルティング会社に勤務したのち、1999年に個人で開業。一時は映像制作の仕事で独立起業を考えていたといい、その想いが今の3次元事業につながっている。

会社概要

会社名 株式会社ラグロフ設計工房
設立年月 2009年8月
代表取締役 金重 稔
社員数 11名
(2018/11/30 現在)
平均年齢 30.3歳
(2018/11/30 現在)
事業内容 防災事業(河川・砂防・道路)に係る計画・調査・設計・施工計画
3次元に係るデータ作成・設計・管理
本社所在地 岡山県岡山市北区広瀬町3-3 島本ビル502
URL http://www.lagrof.jp/index.html
この会社で募集中の求人