求人検索

エリア
  •  
職種
  •  
業種
  •  
経験資格
  •  
こだわり条件
  •  

社長の想い

建設業界で、新しい働き方を見つける
株式会社Kouji

人の目と腕が頼りの建築現場。
だからこそ、人をいかす業務改革を。

株式会社Kouji 代表取締役
寺道 秀和

「木工事」に特化した職人集団

岡山市南区の県道沿いの、小さなビルの2階。ここに、日本の超大手ゼネコン各社から信頼を集め、数々の大型建築を手掛ける会社がある。
「Kouji」との社名のままに、業務は建築工事を専門とするが、その中でも「非木造建築における内装大工工事」という非常にピンポイントな分野に特化する。

鉄骨やコンクリート造の建築現場に入り、床・板壁・造作家具・床の間といった木造の内装仕上げをおこなうというのが、具体的な仕事内容だ。また、近年は鉄製階段やスチール棚など、金属素材を用いての施工も手掛けるようになり、業務の幅を広げている。

ビルや公共施設、病院といった建物はもちろんのこと、安藤忠雄氏設計の直島「ANDO MUSEUM」など、著名な建築家の手による建築物も数多く任されているというから、施工力への信頼は折り紙付き。
「どこに行っても自分たちの手掛けた建物があり、多くの人に注目される有名な建物もたくさん作っている。楽しく、誇らしい仕事だと思いますよ」と、会社を率いる寺道秀和社長は微笑む。

品質へのこだわりが、次の受注につながる

業務エリアは中四国だけにとどまらず、2012年には大阪支店を開設。誰もKoujiの名を知らない関西圏に果敢に新規参入を挑み、順調に取引先を増やしている。その力の源は、どこにあるのだろうか。

「それはやっぱり社員たちのおかげ。彼らががんばっていい仕事をしてくれるから、元請けの信頼を得られて次の仕事をいただけるんです」と、寺道社長は語る。
大工をはじめ、工務・営業まで社員一丸となり、どんなに難しい現場もやり遂げる。しかもどんなに短工期でも、品質は決して落とさない。「Koujiさんがいなければ、この仕事はできませんでした」と元請けから感謝の言葉をいただけることが、なによりの喜びだ。

「だからそのがんばりを存分に認めて、ちゃんと目に見える形にして還元するのが会社のつとめ。実際、待遇面では他に負けない自信がありますよ」。
努力し、能力を高める社員はどんどん昇給する。認められるから、さらに意欲がわき、いい仕事ができる。だから信頼され、利益が上がってもっと社員に還元できる。「おかげさまで、すごくいい流れができているんです」と社長は目を細める。

業界一の「ホワイト企業」を目指して

創業当時はがむしゃらに業務拡大を図ってきたKoujiだが、現会長の岡田貴氏が2代目社長に就いてから、命題に掲げるのはなによりも「社員の幸せ」。無借金経営を実現し、待遇面を充実させたことは、その第一歩である。

とりわけ、職人に対する手厚さは既にKoujiの伝統となっている。
職人については、以前より自社の業務だけを請け負ってもらう「専属大工」制を取り、どんなに不景気でも職人の仕事だけは切らさないようにしてきた。さらに昨年からは彼らを正社員化。職人の地位を高め、よりいっそう安定した環境で仕事に集中してもらうため、というのがその理由だ。

「働き方改革」についてもいち早く意識を高め、10数年前には業界に先駆けて週休2日制を実施(現場職以外)。他の現場が動いている中で土曜を休みにすることは相当な不安があったそうだが、結果的には売上が落ちるどころか、逆にますます上がっていったという。

業界全体の「働き方改革」をリードしたい

「2018年はさらなる業務改革に本気で取り組みますよ」と息巻くのは、岡田会長。「正月にテレビを見ていたら、IT化を進める農家の話が出ていて。農業がやれるなら、建築業でもやれる。そうひらめいて、一気に構想がふくらみました」と話す。

見積りや積算、施工図作成など、ITの力で省力化できる作業は現状いくらでもあるという。まだ準備段階ではあるが、さまざまな業務を連動して自動でおこなえる最新システムの導入を進めている。
また人材育成についても、「見て盗め」的な慣習を改め、誰もが一定レベルのスキルを効率よく身に付けられる研修プログラムを作成中だそうだ。

現場の職人技をなにより大事にしてきたKoujiにとって、こうした自動化・マニュアル化の流れは一見、意外にも見える。
しかし会長は言う。「いえいえ、それは逆ですよ。最後は絶対に人間の目と腕が必要な仕事だからこそ、省ける無駄は省いて、本当に必要な部分に人の力を注げるようにしたいんです」。

いずれはこうした中小建築業者専用の業務システム・マニュアルをパッケージ化し、同業他社に販売する構想もあるという。「突き詰めれば、業界みんなの幸せがうちの願いですからね」――さらなる飛躍を目指す会社の、視野はどこまでも広い。

取材:Goen 2018/6/6

社長プロフィール

1996年、Koujiの前身である岡田木材に入社。現場監督だった前職の経験をいかし、工務などを務める。2009年、52歳で3代目社長に就任。趣味は釣り。好きな言葉は「有言実行」。

会社概要

会社名 株式会社Kouji
設立年月 1955年4月
代表取締役 寺道 秀和
社員数 52名
(2018/7/2 現在)
平均年齢 36.3歳
(2018/7/2 現在)
事業内容 建築造作木工事、木製建具工事、家具工事、床工事、金属工事、建築総合請負
本社所在地 岡山県岡山市南区新福2丁目2-13
URL http://www.kouji-kk.com/